女性のカラダと子育てのためのサイト

ルナルカ

妻の出産に立会いたいが仕事が忙しい!?立会いに関する本音

   

妻の出産に立会いたいが仕事が忙しい!?立会いに関する本音

「イクメン」という言葉も聞かれるほど、最近は男性の子育て参加が当たり前になってきた印象があります。

一昔前からは考えられないほど、立会い出産も一般的になってきました。

でも実際のところ、仕事が忙しい中みんな本当に立ち会っているの?という疑問も。

メリットからデメリットまで、先輩夫婦の本音をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夫婦が家計のことでケンカする原因とそれを防ぐ方法


夫婦で生活する上で大事なことは、家計管理ではない...

思春期の特徴とは?男子の恋愛事情から悩みの原因まで


思春期は、男女問わず心身に大きな変化が現れる激動...

旦那へのイライラを抑えるための対処法!妻が抱えるストレスと原因


あなたは旦那さんに対してイライラすることはありま...

赤ちゃんが生まれたあとの部屋づくり!アパートで気をつけたいポイント


もうすぐ生まれてくる赤ちゃんのために、必要な物を...

保健所で子供の血液型の検査はできる?実施できる場所とは


赤ちゃんが産まれたら、血液型が何型なのか、気にな...

中学生の子供が勉強しない……やる気を出させるために親ができること


子供はあまり勉強したがらないものでしょう。特に中...

家事と仕事の両立に疲れたママへ!疲れずストレスを発散させる方法


女性の社会進出が活発になってきたことにより、女性...

新婚なのに結婚を後悔!?新婚カップルの理想と現実


新婚生活は幸せなものだとイメージする人が多いので...

女性だけの家事はもう古い!家庭の仕事を男性にもやってもらうコツ


昔よく言われていた「家事は女性の仕事」という考え...

同居生活を解消したい……話し合いで円満に解決する方法


彼氏や彼女、それに夫の両親などとの同居生活も、い...

女性の一人暮らしの食費はいくら?上手く節約するポイント


一人暮らしの女性は、案外貯金が少ないとされていま...

気になる赤ちゃんの癖…ブーブー口を鳴らす理由とは


赤ちゃんは、ある時期を過ぎると、口を震わせてブー...

料理が苦手な理由とは?料理上手になる方法とポイント


料理が苦手という女性は結構多いようです。

旦那が出張している時のご飯はどうしてる?主婦の本音とは


旦那さんが出張している場合、主婦の皆さんは夕ご飯...

年末年始の野菜の値段が高いのはなぜ?高い時期を乗り切るための工夫


年末年始になると、毎年のように野菜の値段が高くな...

子供が欲しいけどお金がない夫婦のための子育て方法


少子化が加速している現在において、出生率の低さは...

車の免許更新で視力検査の基準を満たすための対策


車の免許更新でやっかいな検査のひとつに、視力検査...

お弁当に梅干しを入れることによる防腐・殺菌効果


暑い時期には、せっかくのお弁当が早く痛んで食べら...

両親の離婚が原因で生じる子供の不安定さとその対処法


特に小さなお子さんにとって、両親の離婚は精神的に...

風呂場のカビをなくしてタイルをいつもピカピカにする方法


寒くて空気が乾燥している時期と打って変わって、暑...

スポンサーリンク


立会い出産をした夫婦は実に半数以上も!

みんなの出産事情

Q.パパは出産に立会いましたか?

○1位:「立ち会った(ママの希望)」…29%
○2位:「立ち会った(パパの希望)」…22%
△3位:「立会いを予定していたができなかった」…19%
×4位:「立ち会わなかった(ママの希望)」…7%
×5位:「立ち会わなかった(パパの希望)」…5%
(「その他」…18%)

なんと回答の半数以上が「立ち会った」を選択しています。
3位の「予定していたができなかった」と合わせると、全体の7割が立会いを希望していたことがわかります。

立会いを希望した理由

1位の「立ち会った(ママの希望)」を選んだ方から挙がったのは、こんな声でした。

  • 「立ち会うことで父性が芽生えることを期待して」
  • 「子どもへの愛情がより深まると思ったから」
  • 「父親になるんだという自覚を感じてほしかったから」

母親は妊娠期間中に様々な体の変化を感じながら、数ヶ月かけてママになる準備をしていきます。

けれど父親は自分自身の体で胎動を感じることもなく、つわりとも無縁のため、なかなかパパになるという実感が湧きません。

せめて出産の場に立ち会う中で、父親になる自覚や責任を感じてほしいという女性側の願いが感じられます。

その他に、こんな声も聞かれました。

  • 「自分も初めてのことで怖いから」
  • 「ひとりで出産の痛みに耐えると思うと心細いので」
  • 「ただそばにいてくれるだけで心強いから」

特に初めて迎える出産では、女性も未経験のため不安を抱えています。

痛みはどれくらい?難産になってしまったら?と心配しだしたらキリがありません。そんな時にご主人が側にいてくれたら、それだけで安心感が生まれます。

仕事は本当に休んだ方がいいの?立会い出産のメリットとは

メリット1:女性がリラックスできる

普段と違う環境で臨む出産ですから、不安があるのは当然です。そんな中、ご主人が付き添ってくれることでリラックスし「一人で産むわけじゃないんだ」と心強い気持ちになれます。

痛みの感じ方には個人差がありますが、手を握ってもらったり「がんばれ」と声をかけてもらうだけでも、ずいぶん気が紛れるようです。

メリット2:感動を共有できる

生命が誕生する瞬間をその目で見るわけですから、ただ体験談を聞くだけではわからない感動があります。

一昔前には男子立ち入るべからずだった出産の場に立ち会うことで、男性としても感慨深い思いがあるようです。

夫婦で出産という一大イベントを乗り越えることで、二人の絆もより深まります。

メリット3:父子のつながりが強くなる

お腹に赤ちゃんを授かってから徐々に母親の実感を養っていく女性に対し、男性も同じように実感してと言われても無理な話ですね。

子どもが大きくなってから「私(僕)が産まれたとき、大変だった?」と聞かれることもあるかもしれません。

実際に産んだのは奥さんであっても、パパならではの目線でストーリーを聞かせてあげることで、父子のつながりが一層強まります。

普段仕事で忙しいパパなら尚更、貴重な体験談として話してあげたいものですね。

仕事を休む前に考えよう!立会い出産のデメリットとは

デメリット1:妻を女性として見られなくなる

皮肉な話ですが、立会い出産をきっかけにセックスレスになるというケースがあります。

生々しい出産の場面を目の当たりにし、妻を女性として見ることができなくなってしまうのです。

悲しいことではありますが、時間の経過と共に解決していくことが多いようです。

デメリット2:中には立ち会ったことを後悔する人も

陣痛の時までは側にいたものの、いざ分娩室へ!となったとたんに怖くなってしまう男性もいます。

人によっては、立会い出産を希望しなければよかったと後悔してしまうこともあるかもしれません。

無事に出産を終えたあとに、そのことが原因でモメてしまう可能性も…

妻だけでなく夫である男性側にも、出産へ臨む覚悟が問われます。

デメリット3:強烈な経験がトラウマになる

すべての男性が「出産=感動的なもの」と思える訳ではありません。中には、血を見ること自体が苦手だという男性もいます。

人によっては衝撃的すぎてPTSDになってしまうことも…

みんながやっているから、とあまり深く考えずに立会い出産を希望する人も多いようですが、中途半端な気持ちで臨むとトラウマになる可能性が。

実際に立ち会った経験のある人に話を聞くなど、慎重になった方が良さそうです。

立会い出産を決めたら仕事の調整を忘れずに!

出産はいつくるかわからないもの

出産は基本的に、いつ産気づくかがわかりません。つまり、突然陣痛が始まってしまうことは当たり前。

大事なプレゼンを控えている時に、分娩があるかもしれないのです。

ご主人が来られないとわかったら、頼りにしていた妻も出産に対して不安になってしまいます。

出産予定日の前後だけでなく、1〜2週間早まる(または遅れる)ことも想定してスケジュール調整ができると良いでしょう。

周囲にフォローをお願いしておこう

普通分娩はもちろんのこと、帝王切開を予定していたとしても、実際の出産日がいつになるかは読めないものです。

会社へはあらかじめ立会い出産したい旨を伝え、可能であれば周りの方にフォローをお願いしておきましょう。

また、休暇をとるのは出産の当日だけで良いのか、出産後数日は勤務時間を調整してほしいのか等、前もって周囲と相談しておくことも大事です。

大事なことだからこそ、夫婦でとことん話し合おう

立会い出産をするかどうか、立ち会うのであればビデオ撮影をするのか?など夫婦で納得がいくまで話し合っておきましょう。

男女で意見が食い違うこともあるかもしれませんが、やはり実際に出産をする妻の意見をできるだけ尊重してあげられると良いですね。

話し合った結果もし立会い出産をすると決めたなら、妻の妊娠中から男性も出産について学んで理解を深めること、一緒に出産をするんだという心構えをもつことが大切です。

その上で用意しておくことなどをあらかじめ確認しておけば、出産当日も余裕をもって迎えることができます。

上記で紹介してきたように、立会い出産にはメリットもあればデメリットもあります。

みんながやっているから「父親として出産に立ち会うのは当然だ」と思い込むのではなく、自分たち夫婦にとって本当に必要なのか?

そこを二人でよく話し合って決めるようにしましょう。それぞれの夫婦にとって、ベストな選択があるはずです。

いずれにしても悔いのないように、出産の日を迎えたいものですね。

関連記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ
    上部へ