女性のカラダと子育てのためのサイト

ルナルカ

妊娠中のつわり症状…仕事の負担と退職という選択について

   

妊娠中のつわり症状…仕事の負担と退職という選択について

妊娠中には多くの妊婦さんがつわり症状を経験することになります。

つわり時期は、妊娠初期ということもあり仕事をしながら乗り切ったという人も少なくありません。

あまりにツライつわり症状に、退職を決意する人もいます。
つわり、仕事、退職…この状況をどう乗り切っていくべきなのか、詳しく調べてみました。

ぜひ参考にして穏やかに妊娠生活を過ごせる方法を考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夫婦が家計のことでケンカする原因とそれを防ぐ方法


夫婦で生活する上で大事なことは、家計管理ではない...

思春期の特徴とは?男子の恋愛事情から悩みの原因まで


思春期は、男女問わず心身に大きな変化が現れる激動...

旦那へのイライラを抑えるための対処法!妻が抱えるストレスと原因


あなたは旦那さんに対してイライラすることはありま...

赤ちゃんが生まれたあとの部屋づくり!アパートで気をつけたいポイント


もうすぐ生まれてくる赤ちゃんのために、必要な物を...

保健所で子供の血液型の検査はできる?実施できる場所とは


赤ちゃんが産まれたら、血液型が何型なのか、気にな...

中学生の子供が勉強しない……やる気を出させるために親ができること


子供はあまり勉強したがらないものでしょう。特に中...

家事と仕事の両立に疲れたママへ!疲れずストレスを発散させる方法


女性の社会進出が活発になってきたことにより、女性...

新婚なのに結婚を後悔!?新婚カップルの理想と現実


新婚生活は幸せなものだとイメージする人が多いので...

女性だけの家事はもう古い!家庭の仕事を男性にもやってもらうコツ


昔よく言われていた「家事は女性の仕事」という考え...

同居生活を解消したい……話し合いで円満に解決する方法


彼氏や彼女、それに夫の両親などとの同居生活も、い...

女性の一人暮らしの食費はいくら?上手く節約するポイント


一人暮らしの女性は、案外貯金が少ないとされていま...

気になる赤ちゃんの癖…ブーブー口を鳴らす理由とは


赤ちゃんは、ある時期を過ぎると、口を震わせてブー...

料理が苦手な理由とは?料理上手になる方法とポイント


料理が苦手という女性は結構多いようです。

旦那が出張している時のご飯はどうしてる?主婦の本音とは


旦那さんが出張している場合、主婦の皆さんは夕ご飯...

年末年始の野菜の値段が高いのはなぜ?高い時期を乗り切るための工夫


年末年始になると、毎年のように野菜の値段が高くな...

子供が欲しいけどお金がない夫婦のための子育て方法


少子化が加速している現在において、出生率の低さは...

車の免許更新で視力検査の基準を満たすための対策


車の免許更新でやっかいな検査のひとつに、視力検査...

お弁当に梅干しを入れることによる防腐・殺菌効果


暑い時期には、せっかくのお弁当が早く痛んで食べら...

両親の離婚が原因で生じる子供の不安定さとその対処法


特に小さなお子さんにとって、両親の離婚は精神的に...

風呂場のカビをなくしてタイルをいつもピカピカにする方法


寒くて空気が乾燥している時期と打って変わって、暑...

スポンサーリンク


つわり中の仕事はとってもツライ!

つわりの症状と期間はさまざまです。

妊娠初期に起こるつわりは、生理予定日を過ぎて妊娠に気づき始めるころから、吐き気や気持ち悪さが始まります。

妊婦さんの半分以上に、何らかのつわりがあるといわれていますが、10〜50%の妊婦さんはつわりがないという人もいます。

妊娠4週目から始まったつわりは、7〜9週頃にピークを迎え、大体の妊婦さんは遅くとも16週目くらいまでには落ち着いてきます。

つわりがあっても早い時期に解放される人もいますが、赤ちゃんが生まれるまでつわりが続いたという人もいます。

つわりの症状は、胃がムカムカしているような気がするというだけの人もいれば、起き上がれないほど気持ち悪くなってしまったり、妊娠悪阻となって脱水症状や栄養障害などを起こし入院する妊婦さんも稀にいます。

つわりは食べるのが気持ち悪くなり、食べられないというイメージがありますが、食べていないと気持ち悪いという食べづわりになる妊婦さんもいます。

仕事に支障が…退職がよぎるつわり症状

朝、布団から出られないつわりは、空腹である朝起きた時が一番辛いことが多くあります。

朝起きると辛い吐き気やだるさが襲ってきて、起き上がることができないという人がたくさんいます。

働いている妊婦さんは、忙しい朝にテキパキ準備をして出勤しなければなりませんが、つわりによってなかなか動けず仕事に行けなくなってしまうこともあります。

起き上がって支度ができたとしても、ぎゅうぎゅうの満員電車に乗って通勤しなければならない妊婦さんは、仕事を休んだり退職を考えることもあるでしょう。

つわりで一番多い症状は吐き気吐き気のみでおさまることもあれば、本当に吐いてしまったり、何度もトイレに駆け込むような症状のある妊婦さんは働き続けるのは辛いことです。

つわりには精神的な要因でひどくさせてしまうものもあります。

一日中パソコンに向かって仕事をしていると気が紛れずに退職を考える人もいます。

お腹がすくと症状のでる食べづわり空腹状態になると気持ち悪くなったり、つわりの症状がひどくなることを「食べづわり」といいますが、何かを食べ続けていないと吐き気がおさまらないという人もいます。

職場によってはお菓子を持ち込めなかったり、こまめにお菓子を口にできる環境でない場合もありますので、その場合つわりのある妊婦さんは辛いですね。

仕事中のつわりで退職を考えた時は…

妊娠を機に退社?続ける?まずは続けることを考えましょう。

会社に産休などの制度や前例がなくても、あなたの経験を元に制度を作っていくということもできます。

職場の人に迷惑をかけてしまうと真面目な人ほど考えてしまいますが、出産までの期間は意外と短いのです。

この子育てという特別な経験を通じて、新たな仕事を作り出すチャンスとポジティブにとらえてみましょう。

子育てのために10年間仕事を休むと、どのくらいの給料を失う?現実的なお金の計算も大切です。

つわりが辛かったり、職場まで通うのが困難だったりすることもありますが、つわりには終わりがあります。

会社に出産にかかわる制度があれば有効活用しましょう。

友人や職場の人でつわりが辛そうな人を見てきて、同じような思いをするのは嫌だという人もいると思います。

妊娠中は満員電車を避けるように出勤時間をずらしてもらったり、時短勤務などの制度があれば利用しましょう。

座ってできる仕事にする、多めに休憩を取るなど会社に相談してみたり、規則をチェックしてみましょう。

退職も視野に…仕事中のつわりをどう乗り越える?

働き続けるならつわりのことを言わない職場の人につわりのことを言うと、常に心配や「大丈夫?」と言われてしまうことにより自分が気疲れすることもありますし、職場の人の言葉に甘えて「辛いし帰ろうかな」と働くことに対する意欲が下がってしまうことがあります。

それにより、妊娠後に働き続けることに対して良く思わない人には「やっぱり妊婦が働くなんて迷惑をかけるじゃないか」と言われたり、責められた事が気になってつわりの症状を辛くさせてしまうことがあります。

つわりを我慢して無理をしたことにより、仕事で迷惑をかける事があるのはいけませんが、むやみにつわりのことを話すのは自分の為にもならないでしょう。

大事な会議のときは、すぐに席を立てるような場所に座らせてもらったり、長距離移動の出張や取引先へ行く時などは代わりに行ってもらえる人を探すなど、職場の人に迷惑がかからないようにということだけは気を遣い、周りにつわりがあると分からないくらいにしましょう。

退職できない…仕事中の辛いつわり症状を緩和させる対処法

こまめにお菓子をつまむ空腹になるとつわりがひどくなることが多いので、吐き気がしたときはキャンディや一口タイプのチョコをつまむようにすることで、症状が和らぎます。

一口で食べられるお菓子を常備しておけば、症状が出そうになったときにも、こまめに口にすることができますね。

可能であればつわりがましになるガムや、腹もちの良いおにぎりなども良いです。

マスクをつけるつわり中気持ち悪くなってしまう臭いがあるときに、マスクによって和らげることができます。

つわりで顔色が悪くなったり、辛そうな顔を隠すこともできたり、感染症などの予防にもなります。

休憩を入れる立って少し歩いてみたり、外に出て深呼吸したり、適度に休憩を入れて気分転換をするようにしましょう。

目を閉じてみたり、窓の外を見てみたりすることでリフレッシュになります。

通勤ラッシュを避ける電車で人に押されたり、ずっと立ちっぱなしでいると妊婦さんには負担です。

通勤ラッシュの時間帯を避けるなど工夫しましょう。

会社にラッシュの時間と通勤時間をずらしてもらえるようにお願いし、早めに出社するなどで対応しましょう。

関連記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ
    上部へ